お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

暖房のすすめ

設計部 2020.11.24

こんにちは。設計の大柴です。
もうすっかり冬の気候になり、朝ふとんから起きるのがだんだんとつらくなってきましたね。
昨年が暖冬だったせいか、今年は一段と寒く感じて暖房が手放せない毎日ですね。

今日は暖房について、ちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。
宮城県にお住いで、冬の暖房器具と言えば昔も今も定番の、石油ファンヒーターをお使いの方も多いのではないでしょうか。
電源を入れればすぐに点いて暖まる、寒い東北の冬の強い味方ですよね。
ですが、そんな便利なファンヒーターにも、注意するべきことがあります。
それはズバリ、「結露」です。

実は意外と知られていませんが、ファンヒーターなどで灯油を燃焼させたとき、温風と一緒にたくさんの水蒸気が発生しているのです。
(灯油の成分と空気中の酸素が結合して水と二酸化炭素になるそうですが、詳しく知りたい方は調べてみてくださいね!)

暖かい空気は飽和水蒸気量(空気が含むことのできる水蒸気の量)が大きいので、暖房をつけている時はあまり問題がありません。
ですが、就寝時やお出かけの際に暖房を消して室内の温度が下がっていくと、空気中の水分が結露という形で、窓や壁などに現れるのです。
石油系暖房器具をお使いの際には、使用中は二酸化炭素対策に、使用後も結露防止のためにしっかりと換気をおこない、上手に使っていくのが大事なポイントと言えますね!

髙勝の家では、寒冷地の暖房に特化したエアコンや、床下から家全体を暖めるオリジナル冷暖房システム「MUKU冷暖」など、宮城の気候に適したご提案をおこなっています。
WOOD EGG GARDEN仙台を訪れていただいた際、スタッフにお尋ねいただければ暖房のことやその他のこと、なんでもお答えしますので、ぜひぜひお気軽にお尋ねくださいね。

2020.11.24 投稿| « 前の記事    次の記事 »

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.