お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

基礎工事のお話【その2】

工事部 2019.06.20

こんにちは。工事担当の佐々木です。

日差しが強くなってきて夏が近づいているのを日々感じますが、もともと日焼けしやすい私は、日々の現場巡回で夏を先取りした肌色に(こんがり焼けました)

さて、前回に続き基礎工事のお話です。
またまたマニアックな話題になるかと思いますが、お付き合いくださいね<m(_ _)m>

捨てコンクリートの打設の後に続く工程は、「配筋」です。配筋とは、基礎の図面に基づき鉄筋を組み合わせていくことです。

このように、協力会社の職人さんが丁寧に鉄筋を結束していきます。

ちなみに、職人さんが鉄筋を結束するときに使っている道具の名称ですが、「ハッカー」って言います。
ハッカーって聞くと”コンピュータ技術に通じる人”を想像しますが関係はあるのでしょうか(・m・ )クスッ

これMyハッカーです。
出番は少ないですが、使えると便利で鉄筋の結束が緩んでしまったりしているときに、つい自分で結束しなおしてしまいます。

ハッカーで器用に番線を使って結束していきますね。

配筋完了後は、工事担当の私の検査はもちろん、検査機関の検査も実施し「第3の眼」で公平に検査していただき、基準に適合していることを確認し次の工程へ進みます。

次は、「型枠工事」です。
コンクリートが流れてしまわないように、文字通り「型」を作ります。

いよいよコンクリートの打設!の前にもう一工程!

設備の配管を通すために、あらかじめ設備協力会社さんに写真のようなスリーブ配管をしてもらい、コンクリート打設前の準備が整います。

満を持して「コンクリートの打設」といきたいところですが、コンクリートの打設は
また次回にしますね!

2019.6.20 投稿| « 前の記事    次の記事 »

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.