お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

住宅ローン控除のお話

古川展示場 2020.09.05

古川店の佐々木です。
9月に入り、少しは気温がさがりつつありますが、まだまだ蒸し暑い今日この頃ですね

今回は『住宅ローン減税』についてのお話を少し
先月、店長のブログで『住宅ローン減税控除期間13年間の特例措置』が注文住宅の場合、「請負契約締結期限」が9月30日ですよと言っておりました。
注文住宅を検討している方、この時期を逃すと、『住宅ローン減税控除期間10年間』となるわけですから、3年短くなるわけですから、大きいですよね。

国土交通省のホームページからの検索するとこんな感じです。

※以下の要件を満たす必要あり
(1)一定の期日までに契約が行われること。
   ・注文住宅を新築する場合:令和2年9月末
   ・分譲住宅・既存住宅を取得する場合、増改築をする場合:令和2年11月末
(2)新型コロナウイルス感染症の影響によって、入居が遅れたこと。
制度の概要
控除限度額は40万円で、認定長期優良住宅等の場合は最大50万円が上限額として設定されています。例えば、一般住宅を購入し、年末時点で住宅ローンの残高が4000万円以上あるとします。この場合、ローン返済期間が10年以上あることを条件に、控除率1%、すなわち40万円の税額控除となります。しかし、もし納めている所得税額が35万円など、40万円に満たない場合は、差額分の5万円が住民税より控除されることになります。

以上要点だけ、お話させて頂きました。
3年分短くなると事が、大きいと考えている家づくりを検討されている方、是非、お待ちしておりますね。

2020.9.5 投稿| « 前の記事    次の記事 »

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.