お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

ニューノーマルの冬の暮らしかた

古川展示場 2020.11.08

こんにちは。古川店の田代です。
季節も初冬の11月、いよいよコロナ予防と併せてインフルエンザにも気を付けなければ
ならない「ニューノーマルウィンター」が到来しようとしています。
全国的にも感染者が増えてきているのも時期的なものもありそうですね…。
我が家でも高校生の長男君が先日柄にもなく「のどが痛い」と学校を早退してきまして、
「そうか!もう室内の加湿をする時期か…!」と気付いた次第です(汗)

暖房機器がエアコンメインの新築住宅にはもれなく「乾燥した室内環境」が付きものに
なり、悩みのタネになる家庭が多いと思います。
湿度が低い室内ではのどや鼻の粘膜が乾燥してしまい、
風邪などのウィルスに対する抵抗を受けやすくなることはご存じでしょう。

では、改めて室内の「最適な湿度」と申し上げますと一般的には40%~60%あると良いと
されています。60%以上の高湿度になると今度はダニやカビの好適湿度になってしまいます。
なかなか60%以上には加湿器だけではならないと思いますのでご心配なく!

また、空気が乾燥していると人体から水分が放出されてしまい、わかりやすく大袈裟に言えば、
汗をかいた後に体温が下がるのと似た状態になり、肌寒く感じてしまうそうです。
エアコンの温度を上げずに体感温度を上げるためには加湿は不可欠なのですね!
今年のウィズコロナを踏まえた加湿器と考えると空気清浄・除菌付きの加湿器が役に立ちそうです。

当社には「MUKU冷暖システム」という床下にエアコンの温風を送り込むことで
起きる床からの輻射熱を利用し湿度を保ち、快適な冬の暮らしを叶える設備をご用意しています。

当ブログでも好評の「WOOD EGG GARDEN 仙台」でもMUKU冷暖が体感できます!
これから家づくりに必ずや参考になること間違いなし!
ぜひご予約の上ご来場くださいね。

2020.11.8 投稿| « 前の記事    次の記事 »

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.