お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

こんな時だからこそ、『ありがとう』のやさしい輪を。

利府展示場 2020.04.20

こんにちは。利府店の佐藤です。

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、
今、最前線で奮闘する医療従事者らに感謝の意を示す動きが広がっています。
『敬意を込めて、みんなで決まった時間に拍手をしたりする取り組み』は海外から始まり、今、日本でも広がっています。
海外の感染者が拡大した地域では、医療現場のひっ迫とした状況が伝えられており、
ゴーグルをつけたあとが顔に痛々しく残る医療関係者の映像や、
ようやく帰宅できた看護師がかけ寄る息子を抱きしめられずに泣き崩れる映像が
毎日ニュースやSNSなどを通じ、医療従事者の窮状が伝えられています。
医療従事者も、そしてその家族も、人の命を助けるという使命感の中で、
命がけで戦ってくれていることが伝わってきて、映像が流れるたびに涙が出てきます。

 

一方で、心ない風評被害が起きているともニュースは伝えています。
日本でも、新型コロナウィルスの感染者が出た大学で、同系列の大学の生徒が
知らない大人から指をさされて『コロナ』と言われたり、大学宛てに誹謗中傷のメールが届いているそうです。
必死に戦ってくれている医療現場がある中、同じ日本人として、
すごく悲しい現実であり、人として恥ずかしい行為だと思います。

宮城でも少しずつ、感染者数が増えてきていますが、
私たちが今備えなければいけないのは、単なる感染の予防策だけでなく、
万が一周りで発生したときに、誰かを傷つける言葉を放つのではなく、
こんな時だからこそ、困った人には手を差し伸べる優しい気持ち、助け合う心、
そして感謝の心を言葉で表現していくことではないでしょうか。
不安な気持ちに負けず、『ありがとう』のやさしい輪を広げていきましょう。
コロナなんかに負けない、がんばりましょう!

2020.4.20 投稿| « 前の記事    次の記事 »

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.