スタッフのご紹介

2021年12月09日

フタタビカタチ

こんにちは!
設計士の郷内です!

今年も残りわずかとなってきましたねぇ。

幼い頃は、クリスマスや冬休みが待ち遠しく、
12月に入ると、ずっとソワソワしていたような気がします( *´艸`)
最近うちの娘は、
おもちゃのカタログとにらめっこをして「どれがいいかなぁ~」とサンタさんにお願いするプレゼントを悩んでいるようです(笑)

今回は最近作成した、外観をいくつかあげていこうと思います!

一般的な切妻(きりづま)と呼ばれる屋根と外観に四角い窓を配置した外観です。
この組み合わせは、縦長の窓や横長の窓を計画するよりも、全体的に柔らかい印象にまとまりますね(#^^#)
窓のフレームと屋根の先端を濃い色で合わせて、白い外壁がぼやけて見えないようにしています。

玄関のポーチ部分を広く凹ませて、アクセントとなる外壁を印象強く見せています。
2階部分が奥の方に見えているので、手前に見える部分に重厚感が出ます。
中はどうなっているんだろう?とワクワクするカタチですね(^^)/

2つの大きな屋根を組み合わせた平屋です。
平屋でもこれだけ大きな屋根をつくるとかなりのボリュームが出ます。
屋根の高い部分を活かすと、平屋でも吹抜けがあるような天井の高い空間をつくることができます!

今回もお気に入りの外観をご紹介させて頂きました!
次回もお楽しみに!(^^)!

ページトップへ