スタッフのご紹介

2022年01月17日

雪国ならでは?

毎年の事とはいえ、雪かきも飽きてきました、工事担当の門脇正樹です。

 

いつも思います。

雪国に生まれ育って、何かいい事はないのだろうか?と。

自分、生まれからこれまでの約半世紀、ウィンタースポーツといえは、小学校で行ったスキー教室2回だけという状態なので、冬を楽しんでいるとはほど遠い人間ではあります。

 

そこで先日の休みに自宅のウッドデッキで子供と雪だるまを作ってみました。人数分です。

誰が誰なのかは不明ではありますが。

 

 

これが、冬の楽しみとは言えないかもしれませんが、雪のあるところに生まれなければこのような事も出来ないのだろうなと思うと、少しは日々の雪かきのなぐさめにもなります。

 

希望としては、かまくらの中で一杯やるというレベルにしたいのですが、家の中の温かいところで一杯やっていたほうがいいのは事実です。

 

ということで、いまだに雪国のメリットを見つけられていない自分でした。

 

ページトップへ