お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

動物と暮らすために

仙台南展示場 2019.11.25

こんにちは!
仙台南スタジオ、設計アドバイザーの佐藤です。
今年も残すところあと1か月少々となりました。
急に寒くなり体調管理が大変な今日この頃ですが皆様はいかがおすごしでしょうか。

さて、我が家では今年の1月に黒ラブを家族に迎えました。

当初、わんこを飼う予定がなく家を建築してしまったために、後々後悔することになってしまいました(>_<)そこで将来家を建築される方々に少しだけでも参考にしていただければと思い私の思いをお伝えしたいと思います。

黒ラブは友好的な性格とネットに乗っていた為、わんこ生活も楽だろうと思っておりましたが、真実は・・・少々違ってました。
彼の運動量はハンパなく、毎日の散歩も朝晩の2回!!(一時間ずつ)が日課です。
まず散歩から帰ると手足を拭いて室内に上げるのですが、玄関近くに水道が無い為、毎回バケツに水を汲んでわんこの体を拭いてから室内に入ります。
これが結構疲れます(^_^;)
玄関が広く土間スペースが広くあれば、雨の日も安心だろうなと感じております。

また、室内の床材は人にとっては過ごしやすいものになっておりますが、わんこ目線でいくと、滑りやすく股関節を痛める原因となってしまいます。
カットしてある吸着タイルカーペットマットを買ってフロアに張っておりましたが、しつけがよくなかったようで・・・遊び道具と認識してしまい、あっという間にぼろぼろにされてしまいました。
コルクフロアや傷がついてもいいから無垢材を床材に選んでおけば!と後悔しております。

黒ラブは個体の特性もありますが、人に吠えたりはしません。
しかし運動量がハンパなく多い為、家の中を回遊できる動線にしておけば思いました。

書きたいこと、伝えたいことはまだまだありますが、次回!?お伝えできればと思います。

当社では、動物を飼う予定があっても無くてもお客様のご相談を、専門の住宅アドバイザーが伺い、お家づくりをお手伝いさせていただきます。
一度仙台南スタジオに足をお運びください。
お待ちしております!

2019.11.25 投稿| « 前の記事    次の記事 »

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.