お問い合わせは0120-878-071

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休

SDGsへの取り組み

Initiatives for SDGs

持続可能な開発目標「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」とはSustainable Development Goals (SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGs は発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちはWOOD EGG PROJECTを通して持続可能な社会の実現を目指すべく、事業活動において社会課題の解決につながる取り組みを一つひとつ進めています。各部門がそれぞれの事業活動において「SDGs」に連動した取り組みを推進するとともに、定期的に課題の解決と進捗の共有を図っていきます。ステップを踏みながら社会課題の解決により社会的責任を果たすとともに、企業の価値向上と持続的成長への挑戦を推し進めています。

持続可能な開発目標「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」

「高勝の家」の取り組み

質の高い教育をみんなに質の高い教育をみんなに

4-4 技術的・職業的スキル
  • タカカツグループでの継続的な新卒採用
  • タカカツグループでのJOBローテーション
  • タカカツグループでの自社現場技術者・多能工の育成
  • 「木鶏会」を活用した教育制度
  • 「棟勝会」での研修、交流を通しての技術力向上と若手技術者の成長サポート
  • 体感ROOMを活用した、実験・観察を通しての生きた理論と技術の習得

ジェンダー平等を実現しようジェンダー平等を実現しよう

5-1 女性差別を無くす
  • 男女の平等を考慮した新卒採用
  • 産休育休制度の積極的活動とその後のフォロー
5-4 責任分担と家事労働等の認識、評価
  • 家族全員が育児、介護、家事を責任もっていきおこなえる住まい方の提案
5-b 女性のためのICT等の技術活用の強化
  • オーナー情報の社内共有や現場情報の社内・社外共有のためのアプリケーション活用
  • プレゼンテーションCADの有効活用

安全な水とトイレを世界中に安全な水とトイレを世界中に

安全な水とトイレを世界中に
6-6 水に関する生態系の保護回復
  • 地域材の活用や植樹による地域の山林の再生・維持
  • 地元の世界農業遺産「大崎耕土」維持への地域協力

エネルギーをみんなに そしてクリーンにエネルギーをみんなに そしてクリーンに

エネルギーをみんなに そしてクリーンに
7-1 安価で信頼できるエネルギーへのアクセス
  • 床冷暖房システム「MUKU冷暖」で安全かつ経済的な電気エネルギーの利用を促進
7-2 再生可能エネルギー
  • メガソーラーへの参画(おおさき未来エネルギー)
  • 住宅への太陽光発電の積極的採用

働きがいも 経済成長も働きがいも 経済成長も

働きがいも 経済成長も
8-2 高いレベルの経済生産性
  • WOOD EGG GARDEN仙台に重点をおき、地域木材の6次化に関する技術向上やイノベーション
8-3 開発重視型
  • WOOD EGG PROJECTを通じて、雇用創出や地域の起業、創造性、イノベーションを支援
8-9 持続可能な観光業
  • WOOD EGG PROJECTを通じて、地方の文化振興、産品販促につなげるサポートを実施

産業と技術革新の基盤をつくろう産業と技術革新の基盤をつくろう

産業と技術革新の基盤をつくろう
9-4 資源利用効率
  • 自社工場による地域木材の製材&乾燥
  • STAND BY HOMEのネットワーク事業による地域木材の利用効率UP
  • WOOD EGG PROJECTによる、地域資源活用による産業や技術の共有

住み続けられる まちづくりを住み続けられる まちづくりを

住み続けられる まちづくりを
11-1 適切、安全、安価な住宅
  • マルチブランドによるニーズ対応
  • 分譲住宅による一次取得者への住宅提供
11-3 持続可能な人間居住計画
  • コンセプト土地分譲
  • まちなみをつくるロングライフデザイン
11-4 遺産の保護保全
  • 地元「大崎耕土」への貢献
11-b レジリエンス
  • 地域密着による災害対応
  • 地域木材の活用による資源効率、気候変動緩和

つくる責任 つかう責任つくる責任 つかう責任

つくる責任 つかう責任
12-2 天然資源の持続可能な管理利用
  • 地域木材の活用、産業の活性化、植樹など
12-4 化学物質や廃棄物の管理、削減
  • 木材や外壁プレカットによる廃棄物の削減、管理
  • 天然素材である無垢木材の積極的活用
  • 建築時における廃棄物の適正処理
12-5 廃棄物の管理、削減
  • 建築現場における廃棄物の分別管理の徹底
12-8 持続可能な開発、自然調和ライフスタイル意識
  • WOOD EGG GARDEN仙台における情報発信と啓蒙活動
12-b 持続可能な観光業への影響測定
  • WOOD EGG PROJECTのネットワーク展開によるデータ収集

気候変動に具体的な対策を気候変動に具体的な対策を

気候変動に具体的な対策を
13-3 気候変動の緩和、適応、影響への教育、啓蒙
  • WOD EGG GARDEN仙台による、住宅で暮らことがもたらす影響や解決策の教育、啓蒙
  • WOOD EGG PROJECTによる啓蒙活動

陸の豊かさも守ろう陸の豊かさも守ろう

陸の豊かさも守ろう
15-1 保全、回復、持続可能な利用
  • WOOD EGG PROJECTによる持続可能な利用
15-2 植林
  • 植林活動の実施
15-b 資金調達等
  • 各種補助金導入による持続可能経営サポート

ご相談・お問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00
水曜・木曜定休
© 2019 TAKAKATSU GROUPS.